翻訳会社Accent|インド言語をはじめ多言語にわたる翻訳サービスを提供。

Accent

フリーダイヤル 0120-979-363
ことばを「伝える」心まで「伝わる」Accentは、質にこだわる翻訳会社です。

インド言語翻訳専門サービス

Accentでは理想の翻訳サービスをめざし、心の通うコミュニケーションをモットーにしています。
お客様一人ひとりのご希望をお伺いし、臨機応変に翻訳のプロセスをデザイン。
だから、スピード、品質、価格のバランスがとれた翻訳が可能です。
専門分野も一般のビジネスをはじめ、IT、医療、法律など多岐にわたっています。

インド言語(ヒンディ・マラティ・タミル語)翻訳専門サービス

インド言語から日本語、日本語からインド言語への翻訳は翻訳会社Accentにお任せください。自然で高品質な翻訳を提供します。また翻訳だけでは なくDTPまでのダイレクトサービスが可能ですので、インド言語のフォントの扱いに悩まされることなく、スムーズに業務で御利用いただけます。
インド言語に特化した翻訳会社Accentの専門サービスをぜひお試しください。

インド語の歴史と特徴

インド語には、ヒンディー語、マラティ語、タミル語などさまざまな言語があります。

ヒンディー語( हिन्दी )は主にインドの中部や北部で話されている言語で、
インドの憲法では連邦公用語とされており、インドで最も多くの人に話されておる言語です。

話者人口は約5億人に上り、日常会話の話者数では中国語、英語に続き
世界で3番目に多くの人に話されている言語となります。

イタリア語のように、名詞は男性名詞と女性名詞があることも特徴です。

マラーティー語( मराठी ) は、インド西部のマハーラーシュトラ州の公用語であり、
インド連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつです。

この言語の話者人口はマハーラーシュトラ州だけでなく、
隣接するゴア州やグジャラート州などにも多数居住しており、
9,000万人ほどの言語使用者がいます。

タミル語(தமிழ் Tamiḻ ) は、ドラヴィダ語族に属する言語となり、
南インドに住むタミル人の言語であり、タミル・ナードゥ州の公用語です。
連邦レベルでも憲法第8付則に定められた指定言語のひとつです。

また、スリランカとシンガポールでは国の公用語の一つにもなっており、
7400万人の話者人口を持つ言語となります。

日本では、1998年に上映され大ヒットした映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』と言えば
身近に感じる方多いのはないでしょうか。

上記に挙げた言語以外にも、憲法第8附則指定言語で指定された数多くの言語が存在します。

Accentの強み

Accentでは、公用語となっているヒンディー語やマラーティー語、タミル語などの
翻訳サービスを承っております。

公用語や憲法第8附則指定言語など非常に多くの言語があるインド語だからこそ、
インドの公用語である英語まで幅広く対応しており、
これまでのノウハウや実績に自信のある当社へおまかせください。